育毛シャンプーの副作用について

育毛シャンプーに副作用はある?


育毛シャンプーを使う際に気になるのはその副作用ですが、場合によっては頭皮に悪影響を与えてしまうものもあります。使用の際にはその成分をよく確認していただいて、化学成分が少なく、天然由来成分の多いものを選ぶようにしましょう。また、一般的に育毛剤と比べるとその副作用は小さくなっています。あくまで薬ではなくシャンプーなので、効果がマイルドな分副作用も少ないのです。

副作用が起きやすい成分


育毛シャンプーに入っていて、副作用を引き起こしやすい成分には以下のようなものがあります。

@ラウリル硫酸ナトリウム
Aラウレス硫酸ナトリウム

など、これらは一般のシャンプーにも含まれているものですが頭皮に刺激を与えてしまい、ダメージによって抜け毛を促進させてしまうことがあります。

育毛シャンプーはこのような成分については配慮されているものが多いのですが、安い商品だとどうしても頭皮にやさしくない成分を使いがちです。価格も副作用が出るかどうかの目安になります。

一般的には副作用は少ない


とはいうものの育毛シャンプーは頭皮の環境を整えることをいちばんの目的としている商品ですので、その副作用は一般的なシャンプーに比べると小さいものになっています。男性ホルモンに影響を与えるような成分も少ないので、それで体調が悪化してしまう、髪が抜けてしまうということはあまり考えづらいものです。

とはいうものの、できれば刺激の少ないもののほうが副作用も出にくいと考えられます。この場合、アミノ酸由来の成分が多いシャンプーのほうが刺激も少なく、副作用も出にくいと考えられています。もし、不安であればそちらを購入していただくこと、また、実際に使用していて何か問題があれば、すぐにメーカーの問い合わせ窓口に相談してみるといいでしょう。

その意味では、メーカーから直接購入するほうが、何かあった場合のサポートや返金対応などを行ってもらえる可能性が高くなります。ただし、一般的には育毛シャンプーの段階では副作用はそれほどないと考えていていいと思います。