育毛シャンプーの成分について

育毛シャンプーの成分とは?


育毛シャンプーにはさまざまな成分が配合されていますが、成分分類からその効果を確認することができます。どのシャンプーにもすべて入っているわけではなく、ご自身の頭皮環境に合わせてより的確なものを選ぶ必要があります。代表的なものは、男性ホルモン抑制や血管拡張、栄養補給などの成分になり、これはほとんどの育毛シャンプーに含まれている必須な成分になります。

育毛シャンプーの成分


代表的な成分を12、以下に記します。特に◎で示しているものは重要な成分です。

◎@男性ホルモン抑制
抜け毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制します。育毛するというよりも抜け毛を防止するための成分になります。

◎A血管拡張
血行をよくします。頭皮の血行がよくなることで、発毛に必要な栄養が行きわたり、新陳代謝も活発になります。新陳代謝があることは新しい毛が生えることの重要な要素ですので注目してください。

B栄養補給
直接頭皮に栄養を与えます。育毛剤などに多く含まれる成分です。ただし、育毛シャンプーですので過剰な効果は期待しないでください。

C抗脂漏
頭皮から脂が出るのを防ぎます。余分な皮脂は抜け毛を促進してしまうとともに、新しい髪が生えてくる障害になります。頭皮をきれいにする成分だと思ってください。

D保湿
シャンプー本来の成分です。頭皮にうるおいがあることは正常に発毛するために必要なことです。また、髪の毛自体にも保湿成分があると、見た目も美しくなります。

E消炎
頭皮に炎症がある場合それを抑えます。赤く腫れているなどの場合は、髪の毛が抜けてしまう原因にもなります。それを防ぐ薬効があります。

◎F頭皮代謝
頭皮の新陳代謝をよくします。細胞分裂が活発になることで、毛根から毛が生えてきます。これは重要な成分です。

G抗菌作用
頭皮に余分な菌がつくことを防ぎます。ニキビや炎症の原因にもなりますので、それを防ぐことは大切です。

H角質溶解
頭皮に角質ができると毛根を塞いでしまいます。それを防ぎ髪の毛が生えやすい環境を作ります。

I抗酸化
酸素と化合して黒ずんでしまうことを防ぎます。活性酸素という皮膚にある酸素が暴走すると、単に皮膚の環境が悪くなるだけでなく病気の原因にもなり、加齢が進みます。若々しい髪を維持するために必要な成分です。

J洗浄成分
シャンプー本来の成分です。あまり刺激がなくかつ効果的なものを選びたいものです。

K刺激成分
いうまでもなく過剰な頭皮への刺激はよくありません。あまり刺激のないシャンプーを選びましょう。

以上の視点から、育毛シャンプーに含まれる成分を比較検討していただければと思います。